でも元気





も〜、ジェイが「特発性(突発性)前庭疾患」になってました。「特発性」とは原因が特定できないものってことだそうです。前庭とは内耳にあって、よく三半規管って呼ばれてるもので、そこに何か異常がおきて平衡感覚が保てなくなるんです。ま〜、転ぶ転ぶ。眼振もおきます。トイレなんか真後ろに倒れて、頭のてっぺんをおからの砂の粉まみれにしてました。突然こんなんなったらびっくりしますよ。

病院に連れて行ったばかりの時は「特発性」なんて分かりません。前庭疾患の原因は色々あって脳やリンパの病気なんかもあると聞いて、どうかそんな事はありませんようにって祈りました。

でも血液、尿、耳、レントゲンなどの検査結果ではどこにも異常はないし、ふらついてる以外は元気だし、ごはんもバクバク食べてるし(四六時中めまいがしてるようなものだから普通食欲はなくなるらしい)、経過観察をしてみたら回復がとっても早いしで、重い病気の可能性は低いって事になりました。で、原因はよくわからない「特発性前庭疾患」なんです。

「特発性前庭疾患」は老齢の犬でよくあるそうです。猫では年齢に関係なく、でも犬よりは少ないみたいです。軽度なものから重度なものまであって、ジェイは軽度だったんですね。後遺症で捻転斜頸(頭が傾いたまま)が残る場合もあるそうですが大丈夫でした。抗生剤や酷い場合はステロイドを処方したりするそうですが、ジェイは何も使わずに自然に治癒していきました。

発症してから3週間ちょっと、samuraiさんがとてもよく気づいてくれて、トイレも支えてくれたりしてました。そのうちトイレの時にsamuraiさんを支えろと言わんばかりに見るようになったそうです(笑)だんだんとトイレもバランスがとれるようになりました。今は高い所へジャンプも出来るようになったし、ドアノブに飛びついてドアも開けるし、ごはん作ってる私の肩に乗ってくるし、こちらが眠りにつく頃にエルと運動会を始めてくれたりもします。先日、samuraiさんの伯父を家に招いて食事をした時も、一人前に椅子に着席しておりました。まったく、やれやれでございました・・・。





コメント
コメントありがとうございます。花です。

>cueさん
ありがとうです。すっかりいつものジェイになりました。
ふふふ、そうですね、小僧みたいな顔して甘えてますが、
人間だったらおっさんなんですよね(笑)
人間の厄年みたいなものかもしれないですね。
ただジェイはチビの時ヨレヨレで栄養不足だったから、
基本的に弱いのかなぁ。
ぼうずくんは元気でいけそうな気がする〜。
今回はこんなんなっても元気だったから落ち着いてたけど、
ぐったりされたりしたらどうだったか分からんです。
ただ、何かあってもマイナスイメージは
持たないようにしたいな〜とは思いますね。

なんかこのブログ、サーバーが時々障害起こしてるみたいです。
cueさんのせいじゃないかもです。

  • 2009/02/07 12:09 AM
わぁー、大変だったんですねぇ。
でも、とりあえず落ち着かれた様子で、良かったです。
うちのもジェイ君と同級生だから、人間に換算したらそろそろ中年…いろんなことがあってもおかしくないといえばおかしくない。
でもできれば少しでも長く、健やかに、楽しく一緒に暮らしたい。
そのためには、何かあったときにただいたずらにあたふたするんじゃなく、
冷静に状況を見て、対応することが大切なんだなって、しみじみ思いました。花さんはスゴイです。
猫だけじゃなく人間に置き換えてもそうですよね、心に留めておきますです。
余談ですが、私がnetをやる時間のせいだと思うんですけど、このブログの接続が時々ものすごく悪くなることがあるんです。
ああっ! コメント書きたいのに開かない、みたいな(笑)。
今日は比較的早めなので、スムーズです。
  • cue
  • 2009/02/05 1:41 AM
>Yukoさん
確認しました。ありがとうございます!後ほど返信します。
  • 2009/02/05 12:16 AM
iCardでメッセ、送りました〜。お手元に届いていますでしょうか? ご確認下さいね♪
  • Yuko
  • 2009/02/04 4:53 PM
コメントありがとうございます。 花です。

>Yukoさん
最初に獣医さんに行った時は何を言われるのかドキドキでした。
毎日、さっきあれが出来た、今度はこれが出来たって、
良くなっている所を見つけようとしてましたね〜。
だんだんはっきりと回復が確認できるようになった時は、
早く獣医さんの所見を聞きたかったです(笑)

ジェイは以前のように半消化物を吐く事はなくなったのですが、
まだ嘔吐症状は続いてるんです。毛しか出ないけど頻度が多いの。
今回の事をきっかけに、また新しいレメディーの投与が始まりました。
実は、YukoさんとこのQX-SCIO君にはとても興味があります。

>ゆーゆーさん
ロロたんのふらつきも治ってよかったですね^^
変なふうに転ぶのでホントに人が居られてよかったです。
おかげで私は仕事を休まずに済みました。休みたかったけど(^m^)
ジェイも獣医さんでは大変でした〜。
詳しい検査をするのに奥に連れて行かれた後、
待ち合い室まで猫の雄叫びが聞こえてきました。
あれはたぶんジェイ・・・ちょびっと恥ずかしかったです。
  • 2009/02/04 12:59 PM
たいへんでしたね。
でも、ジェイくんにsamuraiさんがいたことが
とても良かったですにゃあ。
ロロたんもお耳?のことで
ふらついたことがありましたが
いまはスタコラ歩いてます。
(当時、内耳炎?と診断されていましたが
ロロはパニックしていて
ちゃんと診断を受けられなかったので
ジェイくんと同じだったかもしれませんね)
エルくんと元気に遊べるのがいちばんにゃ
ジェイ君自身もびくりしたでしょうけど花さんとsamuraiさんも相当に心配されましたよね・・・。回復してきてなによりです。
お大事にどうぞ〜
  • Yuko
  • 2009/02/04 7:47 AM
コメントありがとうございます。花です。

>ほおばるさん
同じなのかは分からないけど、メニエルによく似てるなって思います。
ジェイと同じ頃めまいがするって検査しに行った同僚がいて、
どうだったって聞いたら「どうも難病らしい」っていうから、
「もしかしてメニエル?」と聞いたらそうだって。
何なんでしょうかこの偶然は・・・。

>ゴーシュさん
驚かせてごめんなさい!
でも元気になって本当にホッとしました。
エルがじゃれついてきては転んでいたんですが、
ジェイはそれがなんかムカついていたらしく、
ちょっと転ばなくなってきた時に襲いかかってましたよ(笑)
  • 2009/02/02 11:20 PM
びっくりしました.
でも良くなって本当によかったですね.
エルくんもいるのが何より回復を早めたのでは….(笑)

大変でしたね。軽度でよかったです
人間で言うところのメニエルに近い感じなのかなあ
  • ほおばる
  • 2009/02/02 9:10 AM
コメントありがとうございます。花です。

>うぴょ蔵さん
朔太郎さんは怒ってませんでしたか。
最初の頃ジェイは何が起きてるのか分かってないみたいで、
転ぶと誰かに何かされたと思ってるような節がありました。
それに、半端に元気だから普通に行動しようとしてよけい転ぶんですよ。
朔太郎さんもストレスだったでしょうね。バカ獣医め〜(怒

>ちびたさん
そうなんですよ、留守にするのが一番心配でした。
エルも分かんないから遊ぼうとしたりするしさ。
でも、ほら、ちょうどsamuraiさん都合よく家に居られたから(^m^)
面白いことにsamuraiさんの都合が悪くなった頃、
ジェイがほとんど大丈夫になったんですよ。
具合悪くなるのは良くないけど、
ちょうど良い時になってくれたねーって感じでした。

>Gaviちゃん
ありがとー♪ うーん、どんな感じなんだろうね。
いつも車に酔ってるみたいとか、
目が回っているみたいなんて書かれてたりするけど、
それにしてはジェイは元気すぎでした(笑)
でもコロンコロン転がってたから、やっぱり頭グラグラしてたんだろうなぁ。
トイレよろしく♪もかわいかったけど、
いっつも頭が傾いて小首をかしげているのもかわいかったよ
・・・ってジェイに大変だったのにって怒られそう(^m^)
  • 2009/02/01 11:17 PM
Σ(・ω・ノ)ノ!ジェイくん大変だったのにゃあ!
前庭なんとか、おねえのお友だちのお父さんがかかったことあるらしいよ。
とっても気持ち悪いっていうか、大変だったって・・・それとおんなしなのかなぁ?
落ち着いてよかったにゃあ(´ー`* ))))

それにしてもジェイくん、samuraiおにいちゃんにトイレよろしく♪・・・ってかわいいのにゃあ♪
花おねえちゃんもびっくりしたよね? (´・ω・`)
ホントに落ち着いてよかったにゃあ♪
  • Gavi
  • 2009/02/01 6:42 PM
いやーーっ!
ジェイ君がそんな大変なことになっていたなんて・・・・
突然転んだり倒れたりされたら、心臓が飛び出るくらいびっくりしたでしょうね〜
検査結果異常無しってことでとりあえず一安心ですね。
でも、お留守番させている時は心配で仕方なかっただろうなぁ〜

食欲あり!運動会も開催できるようになったのは大丈夫!ってことですよね♪
良かった〜〜〜

こんな時、いつも思います。
言葉が通じたらどんなにいいか・・・・って
それにしても^m^うふふっ♪
samuraiさんがトイレのお供に
よっぽどフラフラで辛かった時、心強かったんでしょうね〜
  • ちびた
  • 2009/02/01 8:54 AM
うあージェイさん!
ウチの朔太郎さんも眼振が出て、それから2年生きましたが高いところに飛び上がれなくなりました。
原因は耳垂れの治療で獣医が処方した液体薬が内耳に入ったからでした(怒
その後良い病院に巡り会ったのでだいぶ良くなりましたが、あれがなければもっと長生きできたのかも、と悔やむばかりです。
ジェイさんはどうやら治ったようで良かった良かった!
コメントする








   

HOME

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

recent comment

recent trackback

categories

archives

recommend

recommend

猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん
猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん (JUGEMレビュー »)
パティー デルモンテ, Patti Delmonte, Anne Davis, もとした いづみ, アン デイビス, 高崎 一哉

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode