B612番




フランスに行ってきました


リヨンの旧市街


オープンカフェで休憩


サン=モーリス・ド・レマンス城




な〜んてね




ここは「星の王子さまミュージアム」です。先日、箱根の温泉に行ったついでに寄ってみました。「星の王子さま」と言ってもそればかりではなく、飛行機乗りだった作者サン=テグジュペリの生涯を沢山の写真や資料の展示、また当時の町並みや住んでいた部屋や仕事場の様子を再現して紹介されています。期待せずに入ったのですが、しっかりと作られており面白かったです。「砂漠が美しく見えるのは、そのどこかに井戸をかくしているから…」もういちど読んでみたくなりました。
星の王子さま公式ホームページ

コメント
コメントありがとうございます。花です。

>ちびたさん
私は逆にガラスの森にも行けば良かったなって思ったよ〜。
すぐ近くなんですよねー。
それに、両方行けるチケットだとすごく割引されていたみたいなの。
ここ、一度閉鎖寸前になったらしいですよ。
それでTBSに経営が移ってがんばってるみたいだけど、
行こうと思った所はあるうちに行った方がいいかもです。
「ムツゴロウ王国」なくなっちゃったもんね〜(笑)
  • 2008/07/16 1:08 AM
く〜〜〜!!
ガラスの森美術館には行って来たんだけど、ここはまだ行ってないのだ〜
いつも前を通って今度は・・・って思ってたんだけど。
こんなステキな所なのね〜
今度は絶対に行くぞ〜!!
箱根ってまだまだステキな(面白い)所がいっぱい有るよね〜
  • ちびた
  • 2008/07/14 2:48 AM
コメントありがとうございます。花です。

>ゆーゆーさん
本国にもないというのに日本にあるのです(笑)
お城は作者が幼少の頃住んでいたそうです。
サン=テグジュペリは星の王子さまを書いた後、
偵察飛行に出て消息を絶ち星になったそうです。
優しい言葉を残して、まるで自分が王子さまみたいですね。

ロロたんの腫瘍が薄くなったとの事、嬉しいですね!
  • 2008/07/04 1:33 PM
星の王子さまにミュージアムが!
びっくり。
お城もあるのですか?
小学校高学年くらいのころ読んで
巻末でなんとなくしんみりした記憶があります。
でもいやなしんみりじゃないんですよね。(^^)
コメントありがとうございます。花です。

>シスターさん
写真のリヨンは1900年代の町並みを再現したそうです。
行った事がないので分からないのですが、
旧市街ならこんな感じかな〜なんて思って書いてみました(笑)
一番上の写真はプロヴァンスだそうです。
フランスはマンガの影響で子供の頃行ってみたい外国でした。

私も子供の頃に読んだきりです。
何の本もそうですが、時間が経ってから読むとまた違う発見がありますよね。
  • 2008/06/27 11:48 PM
↑の画像にあるリヨンは、私の学生時代の友達の一人が住んでいる街です。もうクリスマスカードしか交流はありませんが、一度だけ遊びに行ったことがあります。1984年の年明けに2泊しかしていないので、アル2の頭には猫の展示会に連れて行かれたこと以外は、全く何も残っていませんが、なつかしく見ていたら・・(笑)

サンテグジュペリといえば、少し前に、彼の飛行機を撃ち落しただろうというドイツ人が告白していましたね。子供の頃に読んだまま処分しきれずに、実家の本棚においてある本の一冊です。
  • シスター
  • 2008/06/27 9:33 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

HOME

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

recent comment

recent trackback

categories

archives

recommend

recommend

猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん
猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん (JUGEMレビュー »)
パティー デルモンテ, Patti Delmonte, Anne Davis, もとした いづみ, アン デイビス, 高崎 一哉

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode