猫の健康診断 ー血液検査&抗体価測定ー

ジェイです。聞いてください。こないだ、すっごい嫌なことがあったんです。まず朝ごはんをもらえませんでした。だけど車に乗せてくれたから、公園に遠足だーって、ごはんのことは忘れてやりました。なのに、着いた所は知らないお家。そんで、そこのお姉さんにガシっと足を掴まれて、チクーって痛くされたんですっ。何てことするんだー!花がすぐ終わるって言うから我慢したんだけど、なかなか終わらないんです。うそつき…そう言えばヘラヘラしてたっけ。で、やっと終わったぜって、バッグの中に帰らせてもらおうとしたんだけど、またまたガシっとするんです。
ニ度もやられるなんて冗談じゃありませんよ。フェイントってのもムカっとしましたね。声を限りに叫んでやりましたとも。そしたら、そこの家のお姉さん二人と花は、すっごーく面白い顔して動きを止めました。作戦成功です。二度目は阻止しましたー。チクチクは嫌だったけど、それだけは愉快でしたね。すぐ解放されsamuraiの旦那と先に車に戻りました。思い出すとイラっとしたものですから、旦那の足を2、3度ガブガブしちゃいましたよ。いったい何だったんだ!あーあ、ヤダヤダです。

飼い主の私は病院までの道のり、甲州街道のイチョウ並木を見ながらドライブを楽しんでました。今回訪れたのは初めての病院で、ワクチンの度に高熱を出すジェイのために、抗体価測定をしてもらえる所を探して見つけました。抗体価測定というのは、ウィルスに対する抗体を血液中にどれくらい持っているかを見るものです。単純に考えれば、これが十分ならワクチンをまだ打たなくてもいいかなってことになります。打ちたくないけれど感染も心配…このジレンマを解消できるかもと思ったのです。ドキドキの猫とは反対に心が軽い飼い主でした。

健康診断代わりの血液生化学検査も一緒にしたのですが、ジェイが嫌がり採血が足りなかったので、抗体価測定はヘルペス(猫ウィルス性鼻気管炎)とパルボ(猫汎白血球減少症)のふたつだけにしました。カリシはまた今度。1種類5000円です。外部に検査を依頼しますので、結果が出るまで1週間程かかります。結果は、ヘルペスが960倍、パルボが320倍。それぞれ、これだけあれば良しとされているのが、ヘルペスが180倍、パルボが80倍だそうですから、ジェイの抗体価は十分です。(「倍」というのは測定方法からきています。ウィルス抗体は動物の赤血球の凝集を抑制する性質があるので、検体を倍々に希釈していき、どこまで凝集が抑制されたかを観察し、その最終倍率を抗体価とするそうです。)

実は、去年はまだ頻繁に戻しており、ワクチンは見合わせましたので、その前のワクチンから丸二年経ってました。抗体価は下降するものだと聞いていたので、残っているのか心配でした。でも、ちゃんとありました。獣医さんがおっしゃるには、抗体価の持続期間は個体によって様々だそうです。すぐに下がる子もいれば、何年も高い抗体価を保つ子もいるそうです。ジェイの抗体価がずっとずっと高かったらいいなぁ。

ホリスティックケアーの話題に触れることが多くなってから、ワクチンの過剰摂取の弊害について目にするようになったりもしました。副反応が出る確率に比べれば、感染症で命を落とす猫の数の方が遥かに多い事は理解しています。だからこそ、獣医さんは勧めるのでしょう。けれど、ノーリスクではないのです。そんなこんなで、色々考えることがありこんな手段をとりました。出来るだけ、余計なことはせずにいてあげたいと…。また、ワクチンを接種していて抗体価が十分でも、感染しないと言うことではありません。感染しても、軽く済むかもってことです。そこで大事なのは、免疫力と同時にその子の自然治癒力です。自然治癒力を高めるのは、楽しいのが一番!ごはんが美味しいのは楽しい。遊んでもらって楽しい。居心地の良い場所がいっぱいで楽しい。そんな楽しいをたくさん作ってあげたいと、今回の検査にからんで改めて思ったのでした。

コメント
По информации официальной статистики заработанная плата основной массы наших сограждан приблежён к минимальному либо они сегодня совсем работают без оформления. Отсутствие записей в трудовой книге - это трудовой стаж, который не будет учитываться при назначении пенсии. В подобных условиях притязать на занятие хорошо оплачиваемой должности либо приобретения нормального дохода по завершении трудовой активности нереально.
Оформление узкопотребительского или автокредита возможно при существовании справки 2-НДФЛ. Официальный заработок, прописанный в документе, его очевидно будет мало для оформления займа. Наниматель не будет рисковать и не укажет реально оплачиваемый доход. Обозначенные выше неприятности имеют оптимальное решение, и состоит оно в покупке необходимых бумаг, оформленных в соответствии с функционирующим законодательством.


<a href=http://2ndflmoscva.ru/trudbook.html>РєСѓРїРёССЊ ССЂСѓРРѕРІСѓСЋ книжку</a>
コメントありがとうございます。花です。

>Gaviちゃん
前の記事でもいいのにゃあ!
あら、にゃんこ言葉になっちゃった(^m^)
抗体価検査してきたんだね。お疲れさまでした!
ジェイくんも健康診断行かなくちゃな〜。
去年の冬に行った時、チーも有るといいなって言われて、
じゃあまた出直して来ますって事にしてから、
ちっともタイミングが合わなくてもう夏だよ〜。
もっとまじめにチー採取作戦立てなくちゃ(笑)
  • 2008/07/22 11:50 PM
前の記事にごめんにゃあ。
アタシもパルボの抗体価はかってくれる獣医さんみつけて行ってきたのにゃあ。
TBもしたけど、もしかしたらFC2届かないかもしんないにゃあ・・・
記事内リンクさせてもらったにゃあ♪
  • Gavi
  • 2008/07/22 9:59 PM
>oshare40さん
そうですか、やはり抗体価を見てくれる獣医さんは少ないのですね。
今回の獣医さんも、費用の面からも勧めてはいないとおっしゃってました。もしも、ジェイが何ともなかったら、考えもしなかった事だと思います。ワクチンを毎年接種するでしょう。
パルボは、特に抵抗力が弱い子には恐いですね。本当に祈るしかありません。でも、恐がってばかりも嫌なので、せいぜい頑丈な体になってもらうよう、猫どもを鍛えなければです。どうやって?(笑)

>らーらこさん
病院の後、外出を少しの間嫌がるかなって思ったのですが、
ぜんぜん平気で私のお迎えドライブに行く日にも、
キャリーバッグに自分で入ってずっと待機しているそうです。

ジェイの発熱は、ワクチンウィルスと戦って出ているものかもですが、アレルギーでないとも言えないみたいなんです。だから、もしかしたら、今回の獣医さんが提案してくれたのですが、もうワクチンは打たないかもです。まだちょっと決断はしていないのですが。
何の問題もなく出来るのは、ちょっと羨ましいですよ〜。過剰接種の弊害については、上にコメント下さっているYukoさんと同じく、私もまだ納得するまでになってません。ホメオパスさんを信じたいけど、ワクチンで安心を得たい気持ちもあるんですよ。優柔不断だとこういう時困ります。人生は選択の連続ですね〜〜〜(笑)
  • 2006/12/13 1:06 AM
ジェイ君、えらいね。
今度のドライブはきっと楽しいことばっかりだよ!

かかりつけの獣医さんには毎年の接種を勧められていますが
ちょっと考え直してみたくなりました。
抗体価測定をやってくれるところ探してみようかな。
ワクチン後の体調の変化は無かったけど、外出自体がものすごい
ストレス(有り得ない声で始終鳴きっ放し)だったくろ。
まずは近所の病院に電話で問い合わせてみよう。
  • らーらこ
  • 2006/12/12 10:48 AM
抗体価を検査してくれる獣医さんもいらっしゃるんですね。普通の獣医さんって、してくれませんもんね。ほんと、獣医さんによって違いますよね。
うちもワクチンをしなくなって7年が過ぎました。結局病気になったら、そのつど、その治療をするという方法にしましたが、パルボで亡くなった子猫達を知っているだけに、花さんのコメントにあるように、パルボだけはこわいですね。
でも、以前、シングルワクチンの可能性を聞いたら、やっぱり、うちの地域でも、全部の獣医さん(といっても3院に聞いただけだけど)に断られました。うちではしていませんって。パルボにかからないように、祈るしかありません。
  • oshare40
  • 2006/12/11 3:22 PM
>うひょ蔵さん
兄弟のワクチンは無事済んだでしょうか。
兄弟いっしょに連れてくのは一仕事っぽいですね。お疲れさまです。

>アマツさん
ポーくん喧嘩しないで隠れてると思ったのに…
酷く怪我をしちゃうみたいな、よほどの喧嘩じゃなければ大丈夫みたいですよ。感染すると4〜6週後に、発熱やリンパの腫れがあったりするらしいです。これは治るそうだから、見逃さない様みてあげて、何ともなければほぼ大丈夫なんじゃないかな?でも、素人考えだから、獣医さんに相談してみて下さいね。
ポーくん紐付き復活ですね。

>Gaviちゃん
ジェイくんね、ホントーに恐かったら、たぶんガチガチに固まると思うの。あれはそんなに痛くないのに、鳴けば助けてもらえるってやったに違いないです。エルくんと遊びがエスカレートして、ガブってされた時と同じ叫び声だったもの。エルはそんなに強く噛まないのよ。車に戻ったら、ゴロンゴロン転がって、ケロっとしてたって。
Gaviちゃんも検査ですかー。血液検査も来春の抗体価測定も、良いといいですね。おねえちゃん、いつも一生懸命Gaviちゃんのごはんを作ってるから、遊ばないのはちょっと大目にみてあげてね^^

>cueさん
ありがとうです。ジェイに伝えておきます。
米国はワクチン接種は三年に一度というガイドラインがあるそうです。それはこの抗体価測定と、もうひとつ攻撃試験というものの結果から、だいたいそれくらいが妥当だろうとのことだそうです。日本ではそれの継続的な試験をしてないので、毎年の接種を勧めてるみたいです。

手作りごはんはね〜、たいていの獣医さん渋い顔しますね。
たぶん、内容がいい加減になりがちだと思うからなんでしょうね。
でもだんだん、認識もかわっていくと思っています。

>Yukoさん
うわっ、にゃ〜やくん大変だったんですね。副反応の確率は低いって言っても、数にすれば沢山の猫が調子が悪くなってるんですよね…。今回の獣医さんも、定期的な健康診断のみでワクチンしない選択もありですって言ってくれました。パルボ以外の二つは、外猫との接触がなければほとんど大丈夫だからって。
私もホメオパスさんからは、ワクチンはするなら生涯一度で良いですって言われました。3種の内、パルボ以外はレメディーでケア出来るそうなので。ただ、パルボは少し難しいらしく、これだけは打っておいても良いのだけれど、残念なことに一種類のワクチンは流通していないのだと言ってました。
飼い主側も変わっていかないと、獣医さんも変わらないですよね。頭でっかちの飼い主を嫌う方もいるけれど、色々勉強していこうと思います。
  • 2006/12/11 2:50 AM
うちは生後1年目に受けた予防接種の副作用でアレルギー症状が出て大騒動だったので、その後、色々調べた記憶があります。予防接種の有効性については、その当時でも色々と疑問点があったんですよね。猫の勉強会等で複数の獣医さんにも話を伺ったのですが、少なくても毎年打つ必然性ってないみたいな回答をもらった記憶が・・・。ただ獣医さんとしては、予防接種をして貰うことで健康診断も兼ねられるんだ、っていうような話もあったなぁ。
かかりつけの獣医さんともよく相談した結果、血液検査を含めた健康診断を毎年受診するのみで予防接種はしないという選択をしました。

ホメオパシーの学校では予防接種の害については色々な講師から折に触れて話が出るのですが、話が難しすぎて自分の中でなかなか消化できず、予防接種を受けることで安心感を得ている人(例えば私の母)に納得してもらえるような説明はまだまだ出来ないです。

とはいえ・・・。
予防接種する人もしない人も、それぞれ自分の猫の幸せを考えての選択なので、お互いの意見は尊重したいですね〜
  • Yuko
  • 2006/12/10 8:47 PM
ジェイくんお疲れ様でした。がんばったね、えらかったよ。

抗体価測定、ですか。なるほどそういう考え方があるんですね。
獣医さんも、捜したらいろんな考え方でやっていただけるところがあるんだ、自分の環境の中で、飼い主も勉強しなくっちゃ。
個体差は当然ありますよね。人間に置き換えてもそうですもの。
同じ環境で生まれ育って、同じものを食べていても、体質や体調は同じとは限らないですし。

来年はうちのぼくちゃんも注射の年で、一緒に健康診断もと考えています。
なんて言われるかな? 太ったって言われるかな?
手作りごはんしてる話したら、また怒られるかな?
マ、聞いちゃいないですが(悪い子)。
  • cue
  • 2006/12/10 3:22 PM
うわっ!ジェイくん大変だったね!
おウチの人は時々信用できないよねっ!
アタシも来週は血液検査がどうだこうだっておねえが言ってるの聞いちゃったんだ。
チクッはガマンできるけど、お医者さん行くこと自体がヤなんだ。
抗体価も来年春にでも調べてもらわないとって言ってるよ。
いっぱい血とるの?
アタシはニャン風邪は両方おウチに来る前にかかっててバクロしてる筈だからパルボだけでいいと思うんだ・・・
ジェイくんはどっちも4倍以上あるんだね(=^-^=)b
よかったぁ♪

>自然治癒力を高めるのは、楽しいのが一番!
花おねえちゃん、その言葉ウチのおねえにきつぅく言ったって!
最近寒いとか疲れたってあんまし遊んでくんないんだもん!
アタシの自然治癒力下がっちゃっても知らないよってね(=^m^=)
  • Gavi
  • 2006/12/10 12:45 AM
今日、野良にごはんをあげようとしたら、ポーが脱兎のごとく駆けだして、野良と大喧嘩。お互いに噛み付いて蹴っても離れずゴロゴロ転がって…野良が猫エイズだったら!と、ものすごく恐くなった。でも、猫エイズの予防接種は命がけとも聞くので、なかなか出来ない。だから、外に出すべきじゃないのだと実感した。もう遅いかもしれないけど…
  • アマツ
  • 2006/12/09 10:55 PM
まさに明日兄弟は初ワクチン一ヵ月後のワクチンです。
  • うひょ蔵
  • 2006/12/09 9:56 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
こんにちは、Gaviちゃんです。 先々週、獣医さんに行ってきたのにゃあ( ̄ェ ̄)ブー 前ワクチンのこと聞いてもらったんだけどさー、...
  • キャンプ猫GAVI
  • 2008/07/23 7:32 AM

HOME

profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

recent comment

recent trackback

categories

archives

recommend

recommend

猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん
猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん (JUGEMレビュー »)
パティー デルモンテ, Patti Delmonte, Anne Davis, もとした いづみ, アン デイビス, 高崎 一哉

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode