出会いから7年 その3

 ーsamuraiさんと猫ー
私は猫を飼った事はありませんでしたが、samuraiさんはミーコと言う猫との思い出があります。小学3年生の時に拾ってきて、大学4年まで飼っていたそうです。(ミーコのお話を前にちょっとだけ書いた事があります→「選挙とミーコとsamuraiさん」)そのミーコの話を時々聞いたり、ちょっと前には「あ〜猫のゴロゴロが聞きたい」なんて言っていたので、そんなに嫌がらないだろう、むしろ喜ぶかもしれないと思ってました。ところが、仕事を終えて家に戻ると渋い顔をしていました。飼った事があるだけに、その大変さが分っていたからでしょう。その頃はよく旅行なども行っていましたから、動物が居るとなかなかそういう事もままなら無くなります。もうひとつは後で聞いたのですが、大学の頃友達が同じ様な猫を拾ってきたけど助からなくて、この子もたぶんダメだろうと思ったそうです。飼って良いか了承を得たのかよく覚えてないのですが、なんだか気まずい空気でした。なんとなく、仕方が無いみたいな感じだった気がします。

仔猫は相変わらず目が目ヤニで開かないでいました。脱脂綿に水を含ませて、何度も目ヤニをふやかしたらやっと開きました。が、開いた右目が何だか変なんです。目から半透明の白いものが飛び出しているんです。どうも目ヤニではなさそうですが、何なのか分りません。へたに触る事もできず、どうしたらいいんだって感じです。明日の動物病院に委ねるしかなく、そっとしてダンボールに戻したらそのまま寝てしまいました。元気なのかそうじゃないのかも良く分りません。朝まで生きているのか心配で、何度も起きて覗いていました。

翌朝一番で動物病院に連れて行きました。目は眼球が破れて、中のものが飛び出しているそうでした。細菌感染しないように、眼球に抗生剤の注射をされます。「これは痛いんだよ〜」なんて言う獣医さんの手の中で、それまでじっとしてた仔猫がウネウネと動きました。駆虫剤をスプレーされ、目はダメそうだけど摘出するにしても、もう少し大きくならないと出来ないので様子を見ようとの事でした。血液検査もワクチンももう少し経ってからと言う事で、あとは目薬をもらって帰りました。細い首には重そうなカラーを付けて。



翌日からは、仔猫はsamuraiさんの心配に反してみるみる元気になりました。いよいよこれは長いつきあいになるんだなと思い、samuraiさんに名前を付けてもらう事にしました。仔猫の名前は「J」。「片目のJack」の頭文字です。「片目のジャック」と言うのは古い西部劇の題名で、子供の頃「片目」というと「ジャック」が連想されました。子供の頃やっていた「狼少年ケン」というアニメにも「片目のジャック」というクールな狼が出てきます。カッコイイ代名詞だったのです。ところが、カラー生活が1ヶ月程続いた頃、ぼちっと飛び出していた目は回りと馴染んでなんとなく平になり、獣医さんに診てもらったら穴は塞がっていてもう心配ないとの事でした。こうして、片目じゃない片目のジャックは私達の家族になりました。

***おしまい***

6月に書き始めたのに、続きを更新するのがずいぶん遅くなってしまいました。
以上、ジェイとの出会いのお話でした。
後日談ですが、ジェイを大家さんの所に最初に連れて行った時傍にいたおばあちゃん犬のシロさんは、その翌日静かに旅立ったそうです。シロさんは優しい性格で、大家さんちの黒美ちゃんという猫は、子猫の時に公園でカラスに襲われそうになっているのをシロさんに助けられ、大家さんちの猫になったそうです。そんなシロさん、最後にジェイのために力を貸してくれたのかな〜なんて想像したりしました。ま、偶然かもしれませんが、そう考えると命が繋がったような感じがしていいなぁなんて思うのです。


出会いから7年 その2

 ーパインハイツー
アパートは大家さん宅のお庭の中にありました。4室だけの小さな建物で、新緑の楓の中にあってロッジのような佇まいでした。アパートの脇には小さな鳥居と石の水鉢とお稲荷様があって、その奥にはよく手入れされた庭が広がっており、白い玉砂利が敷かれた小道がアパートをぐるりと囲んでました。そしてアパートの奥に大家さんのご自宅がありました。在宅中はいつも玄関脇の部屋の窓は開け放してあり、それは猫が自由に出入り出来るためなのですが、訪れる人もその窓から声をかけていました。大家さんは70歳を過ぎたご夫婦で、ひとり息子と猫数匹と犬一匹がご家族でした。アパートに着くと窓は開いてました。よかった、大きな声でその窓から大家さんを呼ぶとご主人が出て来ました。

いつも穏やかなご主人は、仔猫を見せてもやはりいつもと変わらない態度で少し考えていました。そうして奥から猫缶を持ってきて、これを食べてくれたらなんとか大丈夫なんじゃないかと言いました。床に仔猫を置いて様子を見てみます。横ではおばあちゃん犬のシロさんもじっと見てました。すると、モソモソと食べるではありませんか。少しだけでしたが、おお、食べた食べた!とふたりで喜びました。その後、塞がっている目を大家さんが触ったら、膿みの様なものがドロっと出てきたので、大家さんは人間用の目薬を差してくれました。(今思うと人間用は大丈夫かなって使えないけど、もしかしたらその強烈そうなのが何かに良かったのかも!?)目は頑固な目やにでガビガビで、なかなか開きません。

そこで他に出来る事もなくなり、どうしましょうかと言う事になった時、大家さんが私にこの仔猫を飼ってみないかと言ったのでした。どうしても大変だったら引き受けてあげるから、面倒を見てみないかと言うのです。その場では決めかねましたが、自分が拾ってきた以上すぐに他人に押し付けるわけには行きません。とにかく、とりあえず部屋に連れて行き、翌日獣医さんに診てもらう事にしました。

さて、部屋に戻ったはいいけれど、どうして良いやら分りません。当時は調剤薬局に勤めていたのですが、その日は夕方5時からのシフトでしたので、出勤時間がせまってきてました。今はじっとしているけれど動き回られたら困るので、ダンボール箱にごはんをちょっととタオルを敷いて入れて蓋を閉めました。仕事から戻るのはsamuraiさんの方が先です。ずいぶん前の事なので記憶はあやふやなのですが、たぶん置き手紙をして行ったのだと思います。帰ったら怒られるかな、仔猫は大丈夫かな、そんな事を思いながら仕事に出掛けました。


すみません 遅筆なもので、明日、山に行く準備で時間をとってしまい今日はここまでです。

出会いから7年

 7年前の今日、ジェイと出会いました。お誕生日は分らないので、今日が記念日です。リニューアルする前のHPでは、ジェイが語っているみたいにして保護した時のエピソードを載せてましたが、今は削除してありません。なので、ちょっと書いてみたいと思います。

ー金剛院ー
その日は午前中に強いにわか雨があったのですが、午後にはすっかり晴れました。仕事が夕方からだった私は、買ったばかりのよそ行きの服を着てみたくて出掛ける事にしました。その頃主人の実家には黒い柴犬がいて、今度遊びに行く時にその子にお土産を持って行こうと、新しく出来たペットショップに向かいました。そこは家からも駅からも少し離れた所にあり、普段は歩きで使う事のない道の先にあります。でも、お天気で気持ち良かったし、おしゃれをして散歩を楽しんでみたい気分だったのです。

道路は幅の広い片道2車線の幹線道路で、歩道には八重桜の並木がずっと続いています。雨に洗われ緑がきれいでした。暫く行くとJR線の踏切とその手前に金剛院という大きなお寺があり、生け垣にはツツジの花が咲いていました。その横を通り過ぎようとした時、小さく「みー」と聞こえた気がしました。空耳?と思いましたが、やっぱりすぐ足元の生け垣で聞こえます。でも、ぱっと見何もいません。見えないと言う事は…思考が高速回転します。仔猫?なんでこんなとこに?生け垣を覗く?親は?見てどうするの?責任、無責任、やっかい…などと考えてるうちに体は動いていて、気づくと目の前に黒い小さな塊がうずくまっていました。か細い声で「み〜」と鳴いてるから猫なんだなと確認できましたが、小さくて黒くて濡れてボソボソしていてネズミのようでした。心臓がドキドキしました。持ち上げてひっくり返して凄い事になってたらどうしようって。ちょうど両手の平に乗る位の大きさでした。持った時に少しウネウネと動きましたが、その後はクタっとして動きません。目は閉じたまま。怪我などはなさそうでした。少し呆然としましたが、行こうとしていたペットショップに動物病院が併設されている事を思い出し、後の事はともかくとりあえずそこに向かい始めました。

ショプに入ると「いらっしゃいませ」の後、いぶかしげに見られました。そりゃそうですよね、きれいな格好をしたその手の上になんか黒い変なもの乗せて「あの〜」なんて言ってるんですから。事情を説明したのですが、その日獣医さんは休診日でした。私は猫を飼った事がなかったので、どうしていいのか分らずせめて店員さんに色々聞きたかったのですが、質問してみたらなんだか考え込んじゃって、関わりたくないオーラが思いっきり出てました。押し付けられるとでも思ったのでしょうか?あまりにボロボロでもうダメだと思ったのでしょうか?それで、近くの動物病院を調べてもらったのですがどこも休みでした。

そうこうして時間が過ぎて行くうちに、仔猫はどんどん衰弱していくんじゃないかと心配になり、当時住んでいたアパートの大家さんが猫を飼っていたので、扱い方が分るのではと思い家に戻ることにしました。アパートはペット禁止でしたが、とにかく仔猫を助けたかったので、勇気を出して大家さんの所に行ってみました。

今日はこれから仕事なので、つづきはまた明日。

と思ったのですが、近日中に。

木陰でおやつ



ジェイ、足を痛めてお散歩NGの日々でした。
どっちみち暑くて人間の方が行く気がありませんでしたけどね。
すっかり回復したようで、昨日は風があり凌ぎやすそうだったので公園へ。


  

パンケーキを焼いたのとアイスと水筒を持って行きました。
涼しい木陰で3時のおやつです。




ジェイはずっと木の上で気持ち良さそうにしていました。
木登り出来るんだから、足はもうぜんぜん平気だね。


猫の遠足

暑くてたまりませんよ土曜の午前中、ジェイを連れて公園に行ってきました。小さな山がまるごと公園になってます。休憩できる広場は山の頂上で、そこだけぽっかり森がなくて、日差しの強い日はとても居られないでしょう。曇りだったので、まぁ大丈夫でした。でも、ジェイ、麓の方から歩くんだーってキャリーから出て登ったけど、暑くてハアハア。「ボクを早死にさせる気かー」
 
 
 
 
 
続きを読む >>

| 1/1PAGES |

HOME

profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

recent comment

recent trackback

categories

archives

recommend

recommend

猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん
猫デリレシピ―ペットがよろこぶヘルシーごはん (JUGEMレビュー »)
パティー デルモンテ, Patti Delmonte, Anne Davis, もとした いづみ, アン デイビス, 高崎 一哉

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode